<◎職員募集>

平成31年度4月採用 新卒正規職員を募集します  

障がい者の働く可能性を広げるための事業・新商品の開発・運営。さらにそれらの活動によって地域の活性化につなげる企画・運営に関心のある方をお待ちしております。

 

無門福祉会の方針
人は誰もが違います。違いの種類によって生きるハンディになります。社会によって生まれたハンディは、社会によって解消しなければいけません。無門は、障がい者とともに、誰もが、「自分でお金を稼いで、自分の意志で生きる」社会の実現に努めます。

 

障害者施設ですが、最近は、福祉学部出身者が少なりました。
障がい者は、何もやる気のない人や、何もできない人ではありません。
福祉施設は、障がい者が何もしなくていいように(できなくなるように)、
守ってあげるところでもありません。
無門は、障がい者とともに働き、ともに生きるための施設です。
いままでの福祉観にしばられた人より、白紙の人の方がいい。
あなたの好きなことや仕事に求める思いを聞かせてください。
あるいは、いままでの働き方への違和感を。
それに応えられるか、無門は、正直にお答えします。

 

安心安全な食づくり、自然栽培に取り組んでいます。


「自然栽培パーティ」をご存知ですか。
全国の障害者施設に自然栽培を広める活動です。
無門は、自然栽培パーティの仲間とともに、  
日本の耕作放棄地を農地に戻して今年で4年目になりました。
無農薬・無肥料の栽培だから、何より農作業が安全です。
だから、安心・安全な食になるのです。
農学部出身の方、農業経験者は大歓迎です。
いっしょに日本を健康にしましょう。

 
また、農作業を通じて地域の方ともすっかり顔なじみになり、  
地元企業のボランティアや小学校の総合学習で、
一緒に米作りもしたことで、更につながりが広がっていきました。

 
とれた米や果樹などを使った加工品開発にも力をいれています。
自然栽培のいちごを使ったアイスやジャムにシフォンケーキ、
椎茸を使ったせんべいや昨年は自然栽培米で日本酒も作りました。

 

 

クラブハリエとのコラボで、スイーツもつくっています。


若い女性なら、きっとご存知でしょう。
クラブハリエのパティシエとのコラボで、焼き菓子をつくりました。
パッケージデザインは、有名な絵本作家にお願いしました。
クイニ―アマン、マドレーヌ、フィナンシェなども手掛けています。

 

他にもフランチャイズで始めた紅茶館「Rosie tea house」も経営していて、
ここのパンケーキも評判です。

 

無門にでは、つねに障がい者の「たのしく」働ける場をつくるために、
事業を広げています。
仕事を「たのしく」は、とても贅沢なことかもしれません。
あなたの好きなことと、無門の仕事がつながれば幸せです。
さらに、その仕事を通して、
障がい者が、あなたの生き方に刺激をくれることでしょう。
ぜひ一度、見学に来てください。

 

 

詳しくはPDFをご覧ください。

http://mumon-fukushi.net/download/pdf/201904bosyuuyoukou.pdf

 

 

まずはお気軽に(0565)45-7883 採用担当までお電話ください。

カレンダー

<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

新着記事

カテゴリー

アーカイブ